土日休みの仕事に転職するには?土日休みの職種と求人の探し方

仕事選びでは休日の条件もしっかり確認しておくことが大切。せっかく転職しても、平日休みでは家族や友人と予定を合わせることが難しく、土日休みの仕事へ再転職を考える人もいます。

そこで今回は、土日休みの仕事にはどんな職業があるのか、土日休みの仕事を探すコツとあわせて紹介していきます。

土日休みの職業にはどんなものがある?

まずは、土日休みとなる可能性の高い職業にはどんなものがあるか、代表的な職業をみていきましょう。

メーカー

自社商品を製造するメーカーは、土日休みになることの多い業界です。仕事とプライベートの両立もさせやすい仕事といえるでしょう。

メーカーは休日出勤が少なく、新商品イベントなどで土日出勤することがあっても平日に代休を取ることができます。BtoBメーカーの場合も、取引先が土日休みなら自社も休みになるパターンがほとんどでしょう。

経理

事務系の職業はノルマが無いので、基本的に土日休みとなります。特に、売上・精算・振込業務を担っている経理は、金融機関が休みの土日に出勤することはないでしょう。

正確性が求められ、決算期や年末などは忙しくなりますが、休日出勤もほとんど無く仕事とプライベートを両立させやすい仕事のひとつです。

公務員

役所などに勤める公務員は、基本的に土日祝が休みです。収入も安定しており福利厚生も充実しているため、安心して仕事を続けられます。

しかし、例外として警察官や消防士などは、交代制勤務のため土日休みではなく不定期休となります。

銀行員

銀行員は、営業日にあわせて土日祝は休みになります。窓口対応や保証人の設定など難しい業務も多いですが、待遇や給与も安定しているので働きやすい職業です。

お金の知識や社会的信用も高い仕事なので、将来性が安定しているのも大きなメリットといえます。

郵便局員

小規模の郵便局では平日のみの窓口対応のため、土日休みになります。規模が大きくなると土日営業をしている郵便局もあるので確認が必要です。

また、窓口勤務ではない配達員は休日の配達があるのでこの限りではありません。

平日休みの職業にはどんなものがある?

では、平日休みになってしまう可能性の高い職業にはどんなものがあるか、代表的な職業をみていきましょう。

アパレル店員

アパレル店員は、お客さんが多く売り上げアップに繋がるのが土日なので、平日休みとなることが多い職業です。また、連休も取りづらいでしょう。

どうしても洋服に関わる仕事で土日休みを取りたいなら、販売職ではなくオフィス職を探してみると良いでしょう。

飲食店

飲食店スタッフは、アパレルと同じく土日が忙しくなる職業です。人気の飲食店ほど連勤続きで休む暇がないため、土日休みを希望するのは難しいでしょう。

なかには土日休みや日曜のみ休みの飲食店もありますが、求人数は多くありません。飲食店に転職を考えているなら、仕事内容・待遇をしっかりチェックしましょう。

配達業者

運送会社や配達業者は土日も配達があるため、平日休みとなることがほとんどです。ネットショッピング需要の高まりなどから、勤務自体も忙しく残業が多くなりがちです。

ただし、ドライバーなどは給与・需要ともに高い職業なので、待遇面とあわせて検討してみると良いでしょう。

美容師

美容院は土日に予約が入ることが多く、美容師の休みは平日に集中します。また、髪を切るトレーニングなども必要なので、プライベートな時間は他の職業より少ない傾向にあります。

ホテルスタッフ

ホテルスタッフは、交代制勤務で平日休みとなることがほとんどです。不定期の休みと夜勤で生活リズムを崩しやすいという点もあります。

また、ゴールデンウィークや夏休みなどのシーズンは連休を取るのが難しく、家族や友人と過ごす時間が限られる職業といえるでしょう。

土日休みの仕事のメリットとデメリット

次に、土日休みの仕事のメリットとデメリットを紹介していきます。土日休みがあなたのライフスタイルに合っているか確認しておきましょう。

土日休みの仕事のメリット

土日休みのメリットは、友人や家族と過ごす時間が増えることでしょう。

大きなイベントやお祭りは、土日に開催されます。平日限定というより土日限定イベントのほうが多くみられるので、このようなイベントごとで休みを楽しく有意義に過ごせるのは土日休みならではのメリットです。

また、家庭を持っている人の場合、お子さんの運動会や参観日といった学校行事に参加できる機会が増えることや、ゴールデンウィークなどの連休で旅行に行けるので、お子さんにも喜んでもらえます。

土日休みの仕事のデメリット

土日はイベントや行事も多いですが、それに比例してどこも混雑しています。特に、人気の飲食店は、混雑で入店するだけでも大変と感じることがあるでしょう。

また、病院や市役所などの公共施設は閉まっていることが多く、不便に感じることがあります。平日に利用するなら会社から休みをもらって行くしかありません。

土日休みの仕事の探し方

最後に、土日が休みの仕事を探すコツについて具体的に紹介していきます。

転職サイトで条件を絞る

転職サイトでは、「土日休み」を条件として求人を検索することができます。上位に上がってきたサイトから順番に見ていき、気に入った案件があったらお気に入り登録をしておくと良いでしょう。

転職エージェントに相談してみる

転職エージェントを使えば、キャリアコンサルタントがあなたの希望に合った求人を提案してくれます。「土日休み」などの希望を事前に伝えておけば、条件をに合った求人を見つけやすくなります。

また、転職エージェントは非公開求人の取り扱いもあるため、選択肢の幅も広がります。まずは一度、転職エージェントに相談してみましょう。

仕事内容・やりがいもチェックする

土日休みの仕事を中心に探すことはもちろん大切ですが、仕事内容ややりがいも大切にしたいところです。

まずはあなたのやりたい仕事や興味のある分野で絞り込み、その中から待遇面や休日などの条件を照らし合わせて検討していくと良いでしょう。

まとめ

土日休みの仕事は良い面もありますが、平日休みの仕事に長く就いていた人には反対に不便に感じる面もあります。

メリット・デメリットを踏まえて、あなたのライフスタイルに合った仕事を見つけるようにしましょう。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG