30代の転職で成功するには?転職戦略と成功のポイント

30代の転職で成功するには?転職戦略と成功のポイント

30代の転職は20代の転職と違ってリスクが高いのでは?などと年齢からくる不安や疑問を感じている人も多いでしょう。転職するなら、不安を解消してスムーズで効率の良い転職活動を行えるようにしたいですよね。

この記事では、30代で転職するメリットやデメリット、30代の転職に特化した転職サービスを紹介していきます。

転職に成功する平均年齢は30代が多い

リクナビNEXTの調査では、30代前半での転職は「成功したと思う」という回答が43%で多数派を占めています。(参考:リクナビNEXT「その転職は成功?失敗?」)

30代は社会人経験やビジネススキルのある世代なため、企業からの需要は高くなります。加えて、転職で実現したいことが20代より明確であることも、成功のポイントといえます。

30代の転職で求められるものは?

それではまず、30代の転職で求められるスキルを紹介していきます。これまでの経歴を振り返って、自身のスキルを確認してみましょう。

マネージメント能力

30代の転職で求められるスキルの代表格がマネージメントスキルです。

ほとんどの企業では、30代の転職者は20代のように先輩・上司に進捗管理をしてもらうことはありません。自身で仕事の進捗や成果を管理し、しっかりと目標に向かって計画的に進めなくてはいけません。

また、30代は転職後もわりと早いタイミングで部下を持つことになり、チームや部署の目標に対しての進捗管理も求められるようになります。

そのため、部下が失敗したときの原因を究明し、改善策をアドバイスできる人材であることをアピールできれば、企業からの評価も高まるでしょう。

リーダーシップ能力

多くの企業は30代の転職者に対し、これまでの実績や経験を活かして20代の若手を引っ張って欲しいと考えています。

そのため、「リーダーシップを発揮できる人材であるか」「これまでどのようなリーダーシップを取ってきたのか」という点をチェックされます。

リーダーシップは人によって様々なスタイルがありますが、高い評価を得られるのは以下のような人材です。

  • 誰に言われることなく率先して行動できる
  • 周りのメンバーのモチベーションを上げられる
  • 数字を分析し、効果的な改善策を与えることができる

自ら行動し、自分だけでなく周りに良い影響を与えられる人は会社から高い評価が得られます。

履歴書や面接でアピールするときは、「学生時代や社会人生活で、どのようなリーダーシップをとってきたか」「リーダーシップをとる際に重要だと考えていること」などを経験談を交えて説明するとよいでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、もはや必須ともいえる重要スキルです。

仕事は1人ではできませんし、コミュニケーション能力がない人が仕事で成果を発揮できるとは考えられません。実力が重視される30代の転職といえども、気持ちよい挨拶もできない人材を企業は採用したいとは思いません。

特に、30代で途中入社した場合は中間から上の立場になると考えられます。周りの人間といかに調和を取り、部下から好かれ、上司と積極的にコミュニケーションをとることができるか、というのはとても大切なポイントになるのです。

逆に、スキルがそれなりで資格がなくても、コミュニケーション能力が高い人であれば採用される可能性はあるでしょう。

30代で転職するメリットとデメリット

次に、30代の転職でのメリット・デメリットを紹介していきます。

現段階で転職に迷っている人は、自分に当てはまるメリットとデメリットを書き出してみましょう。メリットが大きいと感じたら、積極的に転職を考えることをおすすめします。

30代で転職するメリット

30代で転職する大きなメリットは、これまで培ってきた「マネジメント経験」「リーダーシップ能力」などを活かして自分自身が描いたキャリアアップを実現できる点にあります。転職者のなかには、入社してすぐにプロジェクトリーダーとなるケースもあるでしょう。

その他にも、30代の転職では下記のようなメリットがあります。

  • ヘッドハンティングによる転職、前職よりも規模が大きい企業への転職であれば年収アップが見込める
  • これまで培ってきた人脈や取引関係を活かしたスタートになる
  • 「転職先企業に新しい業態を取り入れる」「ノウハウを活かした経営戦略案を提示する」など、あらたな仕事を生みだしやりがいを感じられる

上記のように、仕事の楽しみ方を実感できることも、転職することによって得られる大きなメリットであるといえます。

30代で転職するデメリット

30代で転職するデメリットは、熱意や意気込みだけでは採用してもらえない点にあります。

20代はまだまだ若く、採用時にはやる気や熱意、伸びしろなども考慮してもらえます。一方、30代の転職者は熱意や意気込みだけでは評価してもらえませんし、転職の成功率は高くありません。仮に転職できたとしても、希望する職種に就けない場合もあるでしょう。

スキルや人間力を兼ね備え、会社を担う人材として成熟していることが求められます。

30代の転職を成功させるための転職戦略

ここからは、30代の転職を成功させるための転職戦略について詳しく解説していきます。

キャリアビジョンを描く

まずは、あなたのキャリアビジョンを描きましょう。転職準備を進める前に、実際に転職が成功し入社できた時の姿をイメージしてみるのです。

20代なら時間をかけて少しずつ職場に慣れていくスタンスでも問題ありませんが、30代後半となるとそうはいきません。入社してから半年や数年後に「どのような仕事をこなしていたいか」「どういったポジションで仕事をしていたいか」などをあらかじめイメージしておくべきです。

そうすることで、下記のようなことが明確になってくるはずです。

  • 仕事に何を求めているのか
  • 何を優先し、何を切り捨てるべきか
  • 仕事を通じて達成したいことは何か

キャリアビジョンを描くことは自己分析にもつながるため、転職活動において非常に大事な過程の一つです。

キャリアビジョン無しに転職活動を行うと、入社後のミスマッチに苦しんだり、求められている力を発揮できない可能性があります。まずはビジョンを描き、そこから逆算して転職先を探すようにしましょう。

冷静さと情熱をアピールする

30代になると、「自分が会社に対してどう貢献ができるか」「働く上で発揮できる力のレベルと範囲はどのぐらいか」など、客観視できる冷静さが身に付いています。

物事を客観視できることは重要ですし、冷静さは30代が持つ武器の一つですが、冷静すぎることで採用担当者に決定的な魅力に欠けると思われてしまうことがあります。

せっかくのチャンスを逃さないためには、20代転職希望者のような「情熱」や「意欲」も少なからず必要です。採用担当者にアピールするために、仕事に対する熱量や実現したいことへの想いを再確認して言語化しておきましょう。

ゆとりのある転職活動を意識する

年齢を考えたり、家庭をお持ちの人は、急ぎの転職を意識することがあると思います。しかし、焦って転職して転職先とのミスマッチが起きれば、40代での転職はさらにシビアで狭き門になってしまいます。

30代後半のビジネスパーソンなら職務経歴が豊富にあり、企業側も転職者の力量やスキルレベルを見極めやすくなります。内定も早めに出やすい傾向があるので、希望に合った条件や仕事内容が見つからない場合でも、焦らずじっくりと様子を見ることが大切です。

30代の転職におすすめの転職サイト・エージェント

最後に、30代の転職に特化したおすすめの転職サイト転職エージェントを紹介していきます。

30代に特化した転職サービスを利用することで、あなたの持っている魅力を最大限活かしたキャリアビジョンの実現につながるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは「累計32万人の転職成功実績」「年間2万3,000人以上の転職支援」「20万件の非公開求人」などの力強い実績を持った転職サイトです。

30代以降の年収交渉力に強みを持った転職エージェントが多く在籍しており、年収650万円以上の方にはハイクラス専門のエージェントがついてくれます。

求人数が他エージェントと比較しても圧倒的で、「30代向けの管理職」「高待遇の求人」などの求人が非常に多いです。非公開求人や高待遇求人が多いことから、30代の転職では必ず登録しておくべき転職サイトであるといえます。

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも有名な、国内最大のハイクラス専門転職サイトです。

掲載されてる求人のほとんどが高年収求人なので、30代なら年収500万以上を希望する転職者におすすめです。年収500万円未満でも、転職で年収を上げたい人の利用に向いています。

また、ビズリーチには全国のヘッドハンターからのスカウトが届くサービスがあり、忙しい人でも効率的かつスピーディーに転職活動を進められます。

キャリアカーバー

キャリアカーバー(CAREERCARVER)はリクルートが運営する総額年収600万以上の方向けのハイクラス転職サイト。転職の最大手リクルートと提携する、全国のヘッドハンターからアプローチが届くスタイルになっています。

リクルートは多くの転職サイトを運営していますが、年収600万以上の30代の人はぜひ「CAREERCARVER」に登録してみましょう。スカウト求人数が大幅に変わるので、登録時は必ず直近の年収を記載するようにしてください。

まとめ

30代で転職するときのメリット・デメリット、30代の転職で求められることを詳しく紹介しました。

30代の転職活動は、急がずゆとりを持つことが成功のカギになります。効率よく転職活動を進めるためにも、まずはキャリアビジョンを描き、転職サイトや転職エージェントを上手く利用するようにしてみてください。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG