静岡の転職で成功するには?転職活動のコツとおすすめ転職サイト

静岡の転職で成功するには?転職活動のコツとおすすめ転職サイト

  • 2020年8月7日
  • 2020年10月12日
  • 地域
  • view

静岡での転職を考えるなら、転職のしやすさ、住みやすさなどを前もって調べておくべきです。

この記事では、静岡の就職状況や有効求人倍率、地域性、転職する際に利用すべき求人サイトを紹介していきます。

静岡の就職状況・有効求人倍率

まずは、静岡の就職状況・有効求人倍率を確認してみましょう。

静岡の有効求人倍率

静岡労働局によると、2020年7月の有効求人倍率は0.9倍で全国値(1.08)を下回る形となりました。(参考:静岡労働局「静岡県内の最近の雇用情勢」)

2020年初めごろは比較的高かったのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でどんどん下降しています。

静岡の製造品出荷額は全国トップレベル

静岡は地場産業を中心に大規模な生産活動を展開しており、東京や大阪に本社を持つ大手がどんどん進出しています。

東京・大阪の中間というアクセス面の利便性と、特有の広い土地と立地条件を活かし、製造品出荷額は全国でもトップレベル。具体的には、「プラモデル」「ピアノ」の出荷額が全国一位、「医療機器」「毛布及びひざ掛け」の生産金額・輸出金額が全国一位となっています。

静岡は3つの地域に区分され独自の風土が発展している

静岡県は東部・中部・西部に別れており、発展している製造物はエリアによって異なります。

静岡県東部の「御殿場」「裾野」「三島」などの地域では水源が工場の動力源となり、大手メーカーの工場が多く立ち並んでいます。特に、富士地域では製紙・化学工業の発達が進んでおり、パルプ・紙・紙加工品の出荷額は全国で一位。さらに、医薬品や医療機器の出荷額も全国トップクラスとなっています。

中部地域はしらすや桜えびなどが採れる駿河湾があり、水産加工業が発展しています。県下最大の国際物流港「清水港」や、かつおやまぐろの水揚げが盛んな「焼津港」もあり、海鮮に恵まれています。静岡市では家具・雛具等の伝統産業、牧之原市はお茶の特産地としてお茶製造の求人も多く見受けられます。

静岡西部には浜松市・掛川市・磐田市があり、第一次・第二次産業の就業者数は政令指定都市でもトップです。特に、二輪自動車・原動機付自転車の工場が豊富で、浜松市内にある生産工場のほとんどを占めています。他には楽器産業も発展しており、全国出荷量100%のシェアを占めるピアノ生産工場などの楽器製造を含む生産系の求人がとても多いです。

静岡で求人を探すときにおすすめの転職サービス

次に、静岡で転職をする際に知っておきたい転職サービスを紹介していきます。

リキャリア

リキャリアは、静岡県に拠点をもつ転職エージェントです。静岡に特化した有名企業の求人に加え、マスコミ・ホテルなどの求人がメインとなっています。

リキャリアは静岡拠点ながら全国の求人も扱っているので、静岡から他県への転職を考えている人にもおすすめできる転職エージェントです。

ただし、求人数は大手の転職サイトに劣るため、大手転職エージェントと複数併用するのが良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、都市圏はもちろん静岡県の求人数も最多です。静岡県内の求人数は3,217件、他大手の「マイナビ」「パソナキャリア」「マイナビエージェント」と比較しても5~6倍ほどの求人数を扱っています。

もちろん、リクルートエージェントを利用するメリットは求人数だけではありません。口コミを調査しても、キャリアアドバイザーの「ヒアリング能力」や「求職者に対する提案力」などの指標は総じて高いレベルであることが分かります。

リクルートエージェントは静岡で転職するなら利用必須の転職エージェントなので、ぜひ積極的に利用しましょう。

dodaエージェント

dodaエージェントは、大手転職サイト「doda」が提供するサービスです。

リクルートエージェントは公開求人数・非公開求人を合わせた求人数で全国NO.1ですが、公開求人数だけでみると「dodaエージェントサービス」の求人数の方が多くなります。

1度登録しておけば「転職エージェントサービス」と「求人を見て直接企業に応募できる転職サイトシステム」の2つを併用することができるのでおすすめです。

静岡にU・Iターン転職する場合の留意点

最後に、U・Iターン転職する場合の留意点を紹介していきます。

静岡は安全性が高く治安が良い

新しい土地へ移住するときに気になるのが地域の治安や安全性ですが、静岡市は安全性が高く治安が良い街だといえます。

静岡県の犯罪件数は平成21年から平成30年にかけて減少しており、約4万件から約2万件まで半数以下になっています。(参考:静岡県警「刑法犯認知件数の推移」)

また、交通事故に対してのモデル地区を指定し、「自動車の速度抑制のために交差点にハンプを設ける」「グリーンベルトやゾーン30の強調する」など、さまざまな安全対策を行っています。

このように、静岡は常に安全な街づくりに取り組んでおり、安心して楽しく暮らせる街といえるでしょう。

静岡には新幹線が通っているため遠出が非常に便利

静岡は東京・大阪の中間に位置しているため、遠出のアクセスが非常に便利です。東海道新幹線を利用すれば東京までは1時間弱ですし、大阪へも2時間弱ほどです。

静岡には「静岡鉄道静岡清水線」「大井川鉄道井川線」が通っています。清水線は昼間は東京と変わらない頻度で電車が運行しており、利用することの多いになる路線です。

井川線は、林業発展の影響を受けているため山奥まで電車が走っています。休日は閑静な山奥でキャンプなどを楽しめるのでレジャーにも利用できます。

静岡は共働きや子育てしやすい街

静岡は子育てサポートが非常に充実しており、子どもがいる家庭にとてもおすすめです。

静岡市内には14ヶ所の子育て支援センターがあり、経験豊かな子育てサポーターが育児相談を行っています。また、「子ども医療費助成」により0歳児の受診が無料、1歳~中学生までは1回500円で受診が可能です。

さらに、静岡では子育てする保護者に向け下記のようなサービスを実施しています。
  • 認定こども園や小規模保育園の整備が進んでいる
  • 不妊に悩んでいるご家族に対して所得制限のない不妊治療支援が受けられる
  • 昼間両親が働いている家庭のために小学6年生までの子どもを預けられる放課後児童クラブがある

以上のような静岡の子育て支援体制は、県内外から高い評価を受けており、2015年には「共働き子育てしやすい街(日経BP社・日本経済新聞社調べ)」で第1位に輝いています。

静岡は学校や公共文化施設も充実

静岡市には公立・私立を合わせた小中学校が多く、図書館も市内に12ヶ所あります。美術館や博物館といった文化施設も充実しており、子どもたちの個性や感性を伸ばすための環境が整っています。

進学についても、静岡市に高校38校・大学5校とかなり充実しているので、複数の選択肢を持つことができます。県外の大学に進学する学生には、交通費の一部を貸与するといった制度も整備しています。

静岡での転職する際は転職エージェントをうまく利用しよう

静岡へ転職する前に知っておきたい「就職状況・有効求人倍率」「静岡で利用すべき転職サイト」「静岡の住みやすさ」などの情報を紹介しました。

転職でのミスマッチや移住後の後悔を避けるためにも、地域に特化した転職サイト転職エージェントを利用して地域ならではの就職情報を手に入れるようにしましょう。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG