自己分析の方法って?転職前の考え方やフレームワーク

自己分析の方法って?転職前の考え方やフレームワーク

転職活動というと、求人選定や面接対策ばかりに力をいれてしまいがちになりますが、それ以前に大切なのが自己分析です。活動を本格化させるその前に、自分の職歴やスキルについて棚卸しする作業は必ず行いましょう。

この過程を省略すると転職先を直感で選んでしまい、自分と全く合っていない職場を選ぶ「ミスマッチ」が起きてしまいます。本記事では、自己分析とは何かを解説したうえで、効率的な自己分析としてフレームワークを使った自己分析方法を紹介します。ここに書いてある内容を読めば、自己分析の必要性と具体的な分析方法が分かりますよ。

転職を成功させるには、なぜ自己分析が必要?

いうまでもなく、内定は転職活動のゴールではありません。転職本来の目的は「転職先の環境に満足し、生活の質全体が向上すること」であるはずです。

そのためには自分が受かるための企業ではなく、自分に合った企業を徹底的に探すのが大事。自分に合った企業を探すためには、自分について深く知っておかなければいけません。

そもそも自己分析とは?

自己分析とは、一言でいうと自分の考えや気持を可視化していく作業です。自分自身の事は、知っているようで知らないもの。自分の内面としっかり向き合い、自分でも気が付いていない深層的な部分を言語化していきましょう。

自己分析には様々なやり方があります。どのような方法でも構いませんが、下記のような問いに自分の言葉でしっかりと答えられるようになるのが理想です。

  • これまでの経験から得たスキルとは何か(過去)
  • 自分らしさ、自分の特徴・強みとは何か(現在)
  • 自分が生きていく上で大切にしたい価値観は何か(未来)
  • これからの未来でやりたいこと・挑戦したいことは何か(未来)

自己分析が重要である理由1 自分に最適な企業を探すため

自己分析をしない転職は、サイズがわからない服を購入するのと一緒です。自分の体のサイズを知らずに服を買うと、どんなにデザインが好きでも似合わず後悔してしまいます。

それと同じで求人票に書かれているキャッチコピーがどれほど魅力的でも、自分にマッチするかは自分の特性を把握するまで分かりません。入社後に職場に違和感を感じてからでは、時すでに遅しです。

直感や勘に頼った企業選びは、絶対にやめてください。

自己分析が重要である理由2 自己PR力を高めるため

自分の特徴や強みを言語化しておけば、自己PR力を高められるので面接の通過率が確実に上がります。「面接直前にその場しのぎのPR文を作ったが、全く共感されずに終わった」、こんな失敗は事前に自己分析を行っていれば必ず回避できます。

自己分析をすれば「どんな点で貴社に貢献できるのか」だけでなく「なぜそう言えるのか」を裏付けするエピソードまで補足できるので、面接官に対し説得力のある話ができます。

自己分析はそんなに難しいことではない

思うように自己分析を進められないがために、転職活動が難航するケースはよくあります。「特別な経験など何もしていない」「強みと言われても特に思い浮かばない」という気持ちが根底にあるからでしょう。

しかし、自己分析とはそんなに難しいものではないのです。正解があるわけでもなく、時とともに変化していくものです。ひとまず自分自身が納得する答えを出せたら、それでOKです。

「今まで担当した業務をすべて書き出してみよう」「好きな仕事と苦手な仕事を分類してみよう」といった簡単な作業から始めてみましょう。

自己分析の方法1 キャリアの振り返り

自己分析とは自分の考えや気持を可視化していくものと説明されたところで、どこから手をつけたらいいのか混乱してしまいますよね。

まずは自分のキャリアから振り返りましょう。キャリアの振り返りといえば抽象的かつ難易度が高い作業のように聞こえますが、単にこれまでの経験を事実ベースで棚卸していくだけです。

過去の経験をどんどん深掘りしていく中で、「今後何がやりたいのか」「自分は仕事に何を求めているのか」といった未来が見えてくるはずです。

入社してから現在までの業務を振り返ってみよう

入社してから現在までの業務を箇条書きで書き出していきましょう。直近1~2年の担当業務は特に詳しくまとめてください

「事務全般」などと大きなくくりで表現するのではなく、受発注・伝票整理・在庫管理・見積もり書作成・請求書作成など、担当した業務を詳しく書いていきます。多少面倒でも1日(もしくは週や月単位)ごとにどの程度の量をこなしてきたか、具体的にどんな点を工夫したかについてもまとめておくと、のちに職務経歴書を作成するときに役立つので一石二鳥です。

関連記事

転職活動において、履歴書や職務経歴書について不安を抱えていたり、疑問を持っている方はいませんか?特に初めての転職だと、いろいろな事が不明瞭だと思います。この記事では、そんな方に向けて下記について詳しく紹介していきます。 履[…]

転職における職務経歴書と履歴書のコツ【学歴の書き方は?】

自己分析は、とにかく書き出すことが大事

ネット上にはキャリアを振り返るための様々なシートが出ており、中には非常に細かい作りのものも見られますが、あまりおすすめしません。設問が細かいとシートを埋めることに集中してしまい、思い出す行為が制限されてしまうからです。

最初から綺麗にまとめようとせず、まずは思いつくままに、とにかく過去の自分を紙面に発散させていきます。全部書いたところで、類似する経験をまとめたり、経験の大きさで並び替えたりと整理していきましょう。

経験から得たスキルを言語化する

経験をすべて書き出したら、それぞれの業務で得たスキルを言語化しておきましょう。それらが自分の強みでもあり自己PRとなります。またそれは同時に、企業選びの軸にもなります。これらのスキルを必要とする職場こそ、自分に合っていて実力を活かせる場所といえます。

スキルとは高度かつ専門的なものばかりを指すのではありません。以下のような力も立派なスキルです。

職種共通
ヒアリング力/提案力/ヒューマンスキル(明るさ、素直さ、謙虚さ)/情報収集力/調整力/改善力/バイタリティなど
営業などセールスの要素がある職種
顧客開拓力/顧客管理能力/交渉力/プレゼンテーション力/質問力/ホスピタリ性など
ものづくり、クリエイティブ系職種
企画力/発想力/想像力/表現力/文章力など
マネジメント経験者
育成力/指導力/仮説構築力など

「スキルなんて特にない…」という人は、スキルがないわけではなく、適切に言語化できていないだけかもしれません。

自己分析の方法2 WILL、CAN、MUSTを使って自己分析してみよう

前章で紹介したキャリアの振り返りは、自己分析の序章です。自分の業務経験とそこで得たスキルをまとめたら、次はフレームワークを使って更に深い自己分析を行っていきましょう。

ここではWILL-CAN-MUSTというフレームワークを紹介します。

WILL、CAN、MUSTとは?

WILL-CAN-MUSTとは、キャリアプランを考えるための自己分析ツールです。

WILLは、これからやりたいこと。CANは、できること。MUSTは、求められること・すべきことを表しています。3つのバランスがうまくとれた職場を見つけると、満足度の高い転職につながる可能性が高まると言われています。

自己分析ツール

この3つの中で、MUSTだけが自分でコントロールできない外部要因です。例えばそのひとつが転職市場におけるニーズ。マニュアル化できる仕事は、今後AIに代替されていくので、人間にしかできない創造的でクリエイティブな仕事の需要が高まると言われています。自分のやりたいこと・得意なことが明確でも、いずれAIに代替される業務でれば自分の市場価値が薄れ、近い将来また転職する羽目になるかもしれません。

MUSTに対して、いかにWILLとCANを近づけられるか、その中で得られる気づきこそが自己分析であり、自分に合った職場を見つけるための大きな手がかりとなるのです。

フレームワークを使うメリット

WILL、CAN、MUSTフレームワークを使って自己分析すると、下記のようなメリットが得られます。

  • やりたいこと、できること、求められることを可視化できる
  • どんな職場(求人)を選べばいいのかマッチングのヒントが得られる
  • 入社後のミスマッチを減らせるので、転職後の満足度が高まる

1.WILL

 

「これからどんな仕事がしたいのか?」「どんな生活を送りたいのか?」など、転職活動によって実現したいことについて、思いつくまま書き出してみましょう。

WILLの一例

  • ○○という商材で専門性を磨きたい
  • 有形商材ではなく、無形商材に携わりたい
  • 社会貢献性の高い仕事がしたい
  • もっと大きな規模の案件を扱ってみたい
  • 学びの時間をもっと持ちたい
  • 育成の機会を持ち、マネジメントスキルをあげてみたい
  • 定型化された仕事ではなく、変化にとんだ仕事をしてみたい
  • もっと年収をあげたい
  • 仕事とプライベートのオンオフをしっかりわけたい
  • リモートワークなど、効率的に仕事ができる環境を整備したい
WILLを考える上でのポイント
  • 仕事だけでなく、生活全体の希望も書き出す
  • すぐに実現したいことでもいいですし、数年かけて成し遂げたいことでもアリ
  • なかなか出てこない時は、子ども時代や学生時代の自分を振り返る
    新卒時の希望業界・職種、子どものころワクワクしたこと、学生時代夢中になったこと、影響を受けた人、などからヒントを得てみる
  • ~したいを実現するためには、努力や猛勉強が必要なことや、中には長い下積み時間を要することも
    いきなり正社員では就けない業務という場合も考えられるため、成し遂げるにあたり、どの程度の覚悟を有しているのか自問自答も重要

2.CAN

自分ができること、持っているスキルがCANに該当します。前述した「キャリアの振り返り」で見つけた内容を使います。

CANの一例

高い専門性や語学力など分かりやすいものだけがスキルではありません。例えば、「ミスが少ない」=正確性や、必ず納期を守る=「責任感」「段取り力」といったこともCANに入ります。そのほか、職種別に一例を挙げます。

  • 顧客と長期的に関係を構築できる(営業職)
  • マニュアルを作成し、業務時間を短縮化した(事務職)
  • 進捗状況をチームで共有するための仕組みを構築した(IT職)
  • ヒアリング力と提案力を高め、顧客の課題を解決してきた(販売職)
  • データを活用し、経営ニーズにマッチした有用な情報提供ができる(経理職)
CANを考える上でのポイント
  • できるかどうかは他己評価でなく自己評価で、まずは沢山書き出すことが大切
  • 自己評価で良いので、できるだけ具体的なエピソードを用意する
    どんなシーンでどんなアクションがとれるかの根拠になる
  • エピソードを沢山もつことが、面接突破の武器
    自分を売り込むエピソード(武器)を多く持てるのが新卒との違い
  • 性格や人脈もひとつのスキル
    穏やかな人柄や顔が広いことも、他社で使える資産になる

3.MUST

MUSTとは周囲から求められること、やらなくてはならないことです。自分がやりたいかどうかは別として、期待される役割は誰にでもあります。

MUSTの一例

  • リーダーとして、組織の先頭にたってほしい
  • 育成者として、指導力を発揮してほしい
  • ○○のスペシャリストになってほしい
  • 利益やコストなど、もっと数字を意識して会社に貢献してほしい
  • 会計基準や法規に関する知識をもっと身につけてほしい
  • プロジェクトリーダーの経験を積んで、チームの成果を最大化させてほしい
  • 両親の介護にもっと関与してほしい
  • 子育てや家事にもっと協力してほしい
MUSTを考える上でのポイント
  • 自分に期待する人をまず明らかにする
    いま勤めている企業はもちろんのこと、家族、顧客、転職市場(他社)など、誰から何を求められているか想像力を働かすことが不可欠
  • 転職市場が求めているのが何かは、希望する業界・職種の求人票の応募条件を見るとヒントが得られる

自己分析の方法3 転職支援サービス経由なら自己分析から応募までがスムーズに

フレームワークを使った自己分析のやり方を解説してきましたが、転職支援サービスを併用するのもひとつの手です。転職サイト転職エージェントを利用すると、登録者だけが使える自己分析ツールや専任担当者への相談ができますし、その後の応募への流れもスムーズです

利用は無料ですので、ひとつの手段として上手に活用し、転職活動を進めていきましょう。

転職サイト上にある無料の自己分析診断を使おう

大手の転職サイトには、自己分析の手助けとなるような性格検査や適職判断テストが掲載されています。各社それぞれ独自の理論に基づいた診断になっていますが、どのサイトでも自分の強み分析をメインとしており、先ほどのフレームワークの中でいうと特にCANの部分の考察に役立つでしょう。

リクナビNEXT 「グッドポイント診断」
18種類ある性格特徴から「あなたの5つの強み」を見つけてくれます。診断結果は、リクナビNEXTでの応募時に添付が可能。診断すればそのまま強みを企業に伝えられるメリットがあります。
doda「キャリアタイプ診断」
強みや能力だけでなく、自分に適した働き方や企業風土などを多角的に分析してくれますし、診断結果に基づいた適切な企業紹介を受けられます。
マイナビ転職「ジョブリシャス診断」 ※期間限定
仕事上での強みだけでなく、27種類ある仕事カテゴリーの中から適職を診断してくれます。

各社事前の登録が必要ですが、利用は無料です。診断だけでなく、その結果を求人の選定や応募時にも役立てられるのは、大きなメリットですね。

プロのアドバイスが得られる転職エージェントを利用してみよう

自分で分析してみたけれど取りこぼしがないか、客観的に分析できているのか気になるものです。そんな時は、転職エージェントを利用してみましょう。自分専属のキャリアアドバイザーが、じっくりと自分の話を聞いてくれます。

その上で自分では気が付いていない強みや、最新の転職市場に関する情報など、つまりCANやMUSTにあたる部分について補足をしてくれるはずです。

まとめ

自己分析ときくと「手間がかかる」「面倒」というイメージを持ちがちですが、考えることは意外とシンプル。これまで何をしてきて、今どんな気持ちを抱え、今後どうなりたいのか、つまり過去・現在・未来についてです。WILL-CAN-MUSTなどのフレームワークを使えば、より深く考えをまとめていけますよ。

自己分析をせずに転職の成功はかなり難しいでしょう。自分自身をよく知らずに、自分にフィットする企業を選ぶなんてできません。入社後に「こんなはずではなかった」といったミスマッチを起こさないためにも、まずはじっくりと「自分」を見つめ直していきましょう。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG