第二新卒の転職はむずかしい?第二新卒が内定を取るための転職戦略

第二新卒の転職はむずかしい?第二新卒が内定を取るための転職戦略

第二新卒だから転職は難しいと思っていませんか?デメリットばかりでなくメリットも知ることで、自信を持って転職活動に挑めるようになります。

今回は、企業が第二新卒を欲しがる理由と、第二新卒が内定を取るための転職戦略を詳しく解説していきます。

第二新卒はいつまで?年齢は?

第二新卒(だいにしんそつ)とは、「学校を卒業後、一度就職をしたものの数年の内に離職し、間もなくして転職活動をする若手の求職者」のことを指します。

新卒者が第二新卒になる割合は年々増加傾向にあり、厚生労働省が毎年発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%が3年以内に辞めているとされています。(※新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移 – 厚生労働省)

これは、下記のような自己分析の不十分さ・企業とのミスマッチが起こっていることが原因と考えられます。

  • 自分のやりたい仕事ではないと入社後に気づいた
  • 労働条件や福利厚生に不満が出てきた

また、第二新卒と似た言葉に既卒(きそつ)があります。既卒とは、「学校卒業後に正社員として勤務したことのない若手求職者」を指します。就業経験の有無が第二新卒と既卒の大きな違いとなります。

第二新卒の転職は難しいか

「第二新卒の転職は難しい」と考える人もいますが、実は第二新卒を欲しがる企業もあるのです。

企業が第二新卒を欲しがる理由を3つ挙げてみましたので、順にみていきましょう。

第二新卒の若さに価値を感じている

第二新卒は新卒と変わらない若さがあるため、経験がなくともポテンシャル評価をされる傾向にあります。

企業は、若い第二新卒者に対して以下のようなことを期待しています。

  • 体力を必要とする仕事を苦にせず頑張ってくれる可能性が高い
  • 教育次第で高いパフォーマンスを発揮する可能性が高い

このように、若いというだけでも人材の価値はかなり高くなるのです。

第二新卒に積極性や学ぶ力を感じている

第二新卒の積極性・学ぶ力も企業が欲しがる理由の一つです。転職により自分のキャリアを良い方向に変えたい、という主張にも積極性は感じられます。

仕事に対する想いや学ぶ意欲などをアピールするだけでも、企業に対して効果的なアピールになるでしょう。

自社の社風に染まってくれる可能性が高い

ひとつの企業に長くいればいるほど、新しいルールに柔軟に対処し、早くなじむことは難しくなります。その点、第二新卒は他の企業のやり方や社風に染まっていないため、転職後もスムーズに仕事へ入ることができます。

企業側としては、入社後からパフォーマンスを上げるまでの期間を短くできるという期待があるのです。

第二新卒が転職するメリットとデメリット

では、第二新卒が転職するメリットとデメリットはどのようなところにあるのでしょうか。詳しく紹介していきます。

大きなメリットは内定をスムーズに獲得できること

実は、一般的な転職よりも第二新卒のほうがスムーズに内定を獲得できる傾向にあります。それは先述した通り、第二新卒は企業から見て、非常に価値のある人材だからです。

新卒採用で予定していた人数を下回った企業や、急速な業績成長や事業領域拡大に伴って早く採用したい企業など、第二新卒層を積極的に採用したい企業は増えています。

また、未経験歓迎の求人も多く、職種や業界を変える転職もしやすいといえるでしょう。「第二新卒を積極的に採用します」と記載されていなくても、応募を受けつけている企業は多数あります。

早期離職というデメリットを解消できるかがポイント

早期離職という事実だけ見れば、第二新卒での転職にはデメリットがあると言えるでしょう。

社員採用には採用費や研修費など様々なコストがかかるため、企業は早期での離職者をできるだけ出したくないと考えています。企業によっては、第二新卒はまたすぐに転職してしまうのではないかとネガティブにとらえる場合があるのです。

つまり、第二新卒として転職活動を行う場合は、早期離職していることへの企業側の不安を取り除いてあげる必要があります。

「なぜ転職したのか」「なぜ離職してまで応募先の企業を選んだのか」などの転職理由を明確にし、応募先の企業が持つ不安を払拭できる答えを用意しておくようにしましょう。

第二新卒の転職戦略

ここからは、第二新卒の転職戦略について解説していきます。ポイントを押さえておくだけでも企業に与える印象は大きく変わるので、ぜひ参考にしてみてください。

自己PRはポテンシャルとポジティブで押しきる

第二新卒者が企業から求められているのは、仕事に対するバイタリティやポテンシャル、そして人柄です。自己PRでは、社会人としてのバイタリティとポテンシャルをアピールするようにしましょう。

これまで仕事に取り組んだなかで「目標を達成するためにやってきた工夫や努力」「普段から意識していること」などを具体的に表現すると良いでしょう。さらに、取り組んできた工夫や努力を転職後にどう活かすか伝えることで、採用側はあなたと一緒に働くビジョンを描きやすくなります。

また、企業側は「第二新卒は社会人経験やスキルを持ち合わせていて、採用された際の教育コストが下げられる」ということを期待しているので、その期待に答えられることも自己PRでアピールしましょう。

最も重要なのは転職理由の伝え方

第二新卒の転職で最も重要なのは、採用面接での転職理由の伝え方です。転職理由を他人や前職のせいにするのは絶対的にNGです。

企業側は、前職に不満があったことを認識したうえで面接しています。すぐ辞めてしまうような人材を採用しないために、以下のような点を深堀りしてくるでしょう。

  • 前職での不満が転職理由として妥当なものであるか
  • 自社に入社した場合に、その不満は解消されるのか

「想像していた仕事と違った」「休みが取れないのが嫌だった」「残業が多すぎた」など、本音ではネガティブな理由で値退職する人も多いでしょう。しかし、そのまま話せば面接官に悪い印象を与えてしまいますし、かといって嘘をつくのはトラブルの元になります。

ポイントはズバリ、ネガティブな理由でもポジティブに伝えることです。具体的な解答例は下記を参考にしてみてください。

転職理由が「残業が多すぎた」場合の解答例

残業を少なくしたいというのもありますが、仕事のオン・オフをしっかり分けることでメリハリがつくと私は考えています。メリハリをつけることで、もっと効率的に仕事ができるはずだと考え、仕事を変えようと思いました。

転職理由が「飛び込みやテレアポなどの新規営業をしたくない」場合の解答例

新しいお客さまと対話することは楽しかったのですが、その分、お客さま一人ひとりに割ける時間が少ないことを悩む日々が続きました。お客さま一人ひとりと向き合い、信頼関係をじっくりと築いていくような仕事がしたいと思い、転職を決意しました。

このように、少し工夫をするだけでネガティブな理由でもポジティブに言い換えることができます。たくさんの面接を行ってきた採用担当者には嘘をついてもバレてしまうので、あなたの本音をしっかり言い換えられるようにしましょう。

転職エージェントを上手く利用する

転職エージェントを上手く利用することも、効率的に転職活動を進めるために重要です。

第二新卒の求職者が転職エージェントを利用するメリットは、以下のようにたくさんあります。

  • 第二新卒を積極採用している企業を集中的に狙える
  • 退職理由をもとに向いている企業を判断してくれる
  • 面談の設定やエントリーシート提出をスムーズに進めてくれ、転職期間が短くなる

無料で利用でき、第二新卒ならではの悩みを解決できるサービスなので、ぜひ検討してみましょう。

第二新卒におすすめの転職サイト

最後に、第二新卒におすすめする転職サイトを紹介します。転職活動をするなら、最低でもこれら3サイトには登録をしておきましょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。求人数と質、転職に役立つコンテンツの充実度などを考えると、転職者は登録必須のサイトといえます。

第二新卒向けに用意されたページでは、職種別・エリア別・未経験者歓迎等などから第二新卒向け求人の検索が可能です。限定求人や一般的に公開されていない非公開求人が多いことも特徴です。

また、「企業の人事部に聞いた経験の浅い第二新卒を採用する理由」「第二新卒向けの職務経歴書の書き方」など、転職に役立つコンテンツが充実しているのもおすすめのポイントのひとつです。

doda

dodaは、テンプグループの総合人材サービス企業「パーソルキャリア」が運営する転職サイトです。

他の転職サイトと比較しても第二新卒の転職支援に特に力を入れており、求人の数・質・コンテンツともに充実しています。リクナビNEXTと併用することで、求人を網羅的に押さえることができるでしょう。

また、「採用担当者が未経験転職に求める素質」「第二新卒・若手の転職活動でアピールすべき事をまとめた特集」など、dodaならではの視点で作成されたお役立ちコンテンツが非常に充実しています。

その他にも、16問の設問に答えることで、自身のアピールポイントがわかる「自己PR発掘診断」や、「自身の働き方を考えるキャリアタイプ診断」など、第二新卒の転職活動に役立つサービスを数多く提供しています。

さらに、転職サイトとしてのサービスに加え、プロのキャリアアドバイザーに対面で相談できる転職エージェントとしてのサービスも利用可能です。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、人材紹介サービス事業を手掛ける「レバレジーズ」が運営する転職サイト。特に、第二新卒・既卒・フリーターに特化しており、未経験歓迎の求人を中心に1,000件を超える求人を常時取り扱っています。

ハタラクティブだけの非公開求人も充実しており、IT・人材・教育・広告・不動産などと幅広い業種から選ぶことができます。異業種への転職を検討したいと考えている第二新卒の転職希望者は要チェックです。

担当キャリアコンサルタントによるカウンセリングを受けると、求人紹介・書類選考対策・面接対策など、希望するサービスを全て無料でサポートしてくれます。初めて転職する第二新卒の人でも、安心して利用できるでしょう。

さらに、ハタラクティブが取り扱う求人へ応募したとき、書類選考通過率は91.4%、内定率は80%を超えているという独自の強みもあります。

まとめ

第二新卒の転職のメリット・デメリット、転職戦略について解説しました。第二新卒での転職は不安なことも多いと思いますが、企業からの需要はあるため自信を持って転職活動に挑みましょう。

解説した通り、第二新卒の市場価値の高さに転職エージェントが加われば鬼に金棒です。具体的に転職するか迷っている段階でも転職エージェントは相談に乗ってくれるので、ぜひ積極的に利用してみてください。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG