京都の転職で成功するには?転職活動のコツとおすすめ転職サイト

京都の転職で成功するには?転職活動のコツとおすすめ転職サイト

  • 2020年8月7日
  • 2020年9月24日
  • 地域
  • view

京都での転職を考えるなら、京都での転職のしやすさ、住みやすさなどを前もって調べておくべきです。

この記事では、京都の就職状況や有効求人倍率、住みやすさ、転職する際に利用すべき求人サイトを紹介していきます。

京都の就職状況・有効求人倍率

まずは、京都の就職状況や有効求人倍率をみてみましょう。

職業別の有効求人倍率

令和2年7月時点の京都の有効求人倍率は1.04倍、コロナの影響で右肩下がりが続いています。(参考:京都労働局「雇用・失業等に関する動向」)

新規求人数も下がっており、電気・ガス・水道業を除くすべての産業で減少したことが、要因になっています。

京都は「製造業・伝統産業」がかなり発展している

京都は「製造業・伝統産業」が非常に発展しており、「京セラ」「オムロン」「任天堂」などの知名度があり海外展開もしている大企業がたくさん存在します。

製造業の他には、「サービス業」「卸売・小売業」の人気が高く、「サービス業・飲食業」「接客業」「販売・営業職」の求人が多くみられます。

また、京都には伝統的工芸品と指定されている品目が多く、全国で最多の17品を保有しています。こうした「ものつくり産業」に携わる労働者が多いことも京都の特徴であるといえるでしょう。

京都の観光産業から派生する「企画・営業職」の人気も高い

京都には世界的に有名な観光資源があるため、小売・サービス業などの産業規模が非常に大きくなっています。そうした発展産業の売上を促進する役割を担う「企画・営業職」の求人が多いことも京都の特徴のひとつです。

企業によって異なりますが、「企画・営業職」は高収入を得ることが可能です。特に、営業職は働きに応じて収入が大きく変わるので「コミュニケーション力の高さに自負がある人」「高収入を得たい人」は積極的に転職を検討するべきでしょう。

観光産業から派生する求人例としては「和服のルートセールス」「集配・配送業務」など様々です。興味のある人は転職エージェントに具体的な求人案件を紹介してもらうと良いでしょう。

京都のメーカー系技術職は求人が多く高収入

京都のメーカー系技術職で多い求人は「機械設計」「回路設計」「素材開発」などです。伝統工芸が盛んな地域なので、伝統的な技術を活かしたものづくり系のメーカーが多く存在しています。

京都のメーカー系技術職は高い技術を有する企業が多く、350万円~1500万円ほどの幅広い年収帯となっています。ただし、技術職では専門分野に対する深い知識もちろん、チームで研究を進め、生産性を高めていくためのチームワークが求められるでしょう。

技術職の求人例は「機械設計の業務で3年以上の実務経験とCAD経験を求める」などがあります。

京都で求人を探すときにおすすめの転職サービス

つぎに、京都で転職を考えている方におすすめする転職サイト・転職エージェントを紹介していきます。

コトコト

コトコトは、京都を代表する密着型系の転職エージェントです。京都市内、京都通勤圏の求人に特化しています。

コトコトが保有する求人は、急成長中のベンチャー企業から上場している大手企業まで幅広く、企業数にして700社以上にのぼります。地域密着ならではの企業パイプがあり、高待遇の求人も多いです。特にエンジニア職の求人レベルは京都屈指といわれています。

ただし、求人数としては大手に比べて見劣りするので、他の転職エージェントも相互利用することをおすすめします。コトコトに加えて2社以上の転職エージェントを併用すると良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の全国的に有名な転職エージェントです。京都の求人数も多く、7,528件もの求人を保有しています(2020年5月15日時点)。

リクルートエージェントは求人数の他にも、キャリアアドバイスの高さにも強みを持っています。利用した人の口コミでも、第二新卒からハイキャリアまで幅広いユーザーからの支持を集めています。

リクルートエージェントは業界や役職問わず、京都で転職活動を進める際に利用必須の転職エージェントといえるでしょう。

doda

dodaは、業界大手の「パーソルキャリア」が運営する転職サービスです。京都の公開求人数は約1,069件・非公開求人数が約3,000件以上となっており、「スカウト制度」では、匿名プロフィールの公開で企業側からオファーをもらうことができます。

また、専門キャリアアドバイザーが面接対策や職務経歴書・履歴書の添削などを行ってくれるので、初めての転職でも安心です。定期的に無料の転職フェアも開催しているので、転職に慣れていない人や京都で転職したい人は積極的に参加してみましょう。

京都にU・Iターン転職する場合の留意点

最後に、京都にU・Iターン転職する場合の留意点を紹介していきます。移住先や転職先を決める際にも重要なポイントとなるので、ぜひ参考にしてみてください。

エリアによって大きく変わる京都の気候

南北に長い京都府は、ほぼ中央にある丹波山地を境に北部と南部で気候が大きく変わります。エアコンや暖房器具を揃えるときの参考にもなるので、移住先のエリアがどのような気候か事前に確認しておくと良いでしょう。

特に、山に囲まれた盆地である京都市は、夏は暑く冬は寒いことで有名です。昼夜の温度差もかなりあるので、移住後に体調を崩さないよう気をつけるようにしましょう。

春・秋は比較的過ごしやすい気温なので、ポジティブに考えるとメリハリのある気候と言えるかもしれませんね。

京都の交通事情について

京都市内の主要な公共交通機関は「京都市営地下鉄」「バス」ですが、観光シーズンになるとバスの運行時間が不規則に変わるので、通勤・通学を考えるなら地下鉄の利用を前提としたほうが良いでしょう。

京都市内はそれほど大きな街ではないため、混雑しなければ車で大抵のところへは行けます。ただし、人通りの多いところほど駐車場が確保されていないケースが多く、京都市では自転車を利用する人が年々多くなっています。通勤・通学だけでなく、渋滞に巻き込まれず小回りがきく自転車の利用はおすすめです。

一部の繁華街では交通事故防止のため自転車が走行禁止になっているので、転職先や移住先の周辺をチェックしておきましょう。

京都ならではの名産品・文化財がプライベートで楽しめる

京都は名産品や文化財が多く、日本に無くてはならない観光資源そのものです。

質の良い野菜として全国的にも有名な「京野菜」は知っている人も多いのではないでしょうか。京野菜以外にも、「京菓子」「西陣織」「京焼」「清水焼(きよみずやき)」といった数多くの特産品があり、歴史的に貴重な寺社仏閣などの文化財も多く残っています。

代表的な名所といえば「金閣寺」「清水寺」「伏見稲荷大社」でしょう。これらの名所は世界遺産に指定されており、紅葉の美しい景観が有名な「嵐山」を加えて京都の4大名所といわれています。

このような名産品や文化財をプライベートで楽しむことができる地域は、日本全国を探してもそうはありません。仕事の息抜きや退屈しのぎに困ることはないでしょう。

まとめ

京都の就職状況・有効求人倍率や地域性を紹介しましたが、移住の際は気候などの住みやすさも考慮する必要があるでしょう。

京都で失敗のないスムーズな転職をするためには、転職エージェントに相談することをおすすめします。地域に特化した求人情報を得ることができますよ。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG