退職する時期はいつがいい?退職の流れと転職のタイミング

転職を機に退職したいけど、初めての転職で不安がいっぱいという人も多いでしょう。特に、退職を切り出すタイミングはいつがいいのか知っておきたいですよね。

今回は、以下のような退職に関わる重要ポイントを詳しく解説していきます。

  • 転職活動は退職後?退職前?
  • 退職を切り出すタイミング
  • 退職の具体的な流れ

これから転職活動を開始する人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

退職してから転職・退職する前に転職、どちらが良い?

退職してから転職するか、退職する前に転職するか、迷ってしまう人は多いでしょう。どちらにもメリット・デメリットがありますが、あなたの状況を踏まえて適切な方を選択することが大切です。

まずは、それぞれのメリットとデメリットを解説します。どちらが自分に合っているのかを知り、転職活動の参考にしてみましょう。

退職後に転職活動をするメリットとデメリット

退職してから転職活動をはじめる場合、スケジュール管理がしやすく、ゆっくり転職活動ができることがメリットです。

退職後は時間に余裕があるので、急な募集や面接に柔軟な対応ができ、自分のペースで転職活動を進められます。自己分析や応募書類の作成にも時間をかけられ、転職活動を慎重に進められるメリットもあります。

デメリットは金銭面です。退職すると収入が無くなるので、転職先が決まるまで生活できる貯金が必要です。数ヶ月間くらい無収入でも生活できる貯金をしておくことと、転職活動を計画的に進めることが大切です。

退職前に転職活動をするメリットとデメリット

退職前、つまり在職中に転職活動をはじめる場合、収入があるので経済的に不安にならないことがメリットです。もし転職活動が長引いても収入面は負担がありませんし、職歴にブランクが空いてしまう心配もありません。

デメリットは時間の確保が難しいことです。在職中は仕事をしながらの転職活動になるので、面接などの予定がうまく調整できずに長引くことがあります。忙しいなかでも転職活動にあてる時間をしっかりと確保することが大切です。

おすすすめは退職前の転職

転職は時期やタイミングによっては計画通りに進まないこともあるので、退職前に転職活動を進めるのがおすすめです。

退職後の転職では、貯金が減ってくると精神的な不安から焦ってしまい、転職先を妥協してしまうケースがあります。希望通りの転職先に就けなければ、転職失敗といえるでしょう。

転職活動はなるべく在職期間中にはじめて、精神的に余裕のある状態で進めていくことが大切です。面接の日程調整・求人案件の調査は、転職エージェントのような転職サービスを利用すると効率よく進めることができるので、スケジュール確保の問題も解消できるでしょう。

退職する時期はいつがいい?退職を切り出すタイミングは?

退職する時期も気になるポイントですよね。おすすめの退職時期や退職を切り出すタイミングについても解説しておきます。

会社が忙しい時期はなるべく避ける

退職するタイミングとして、会社の繁忙期はなるべく避けるようにしましょう。

重要なプロジェクトの途中などで退職すると、会社だけでなく同僚にも迷惑をかけてしまいます。プロジェクトの区切りやプロジェクト終了後に退職意思を伝えると良いでしょう。

忙しい時期を避ける配慮をすることで、会社側も今後の予定を立てやすくなり、円満退社にも繋がります。

ボーナス支給後に退職する

ボーナスをもらってから退職したい人は、転職する時期にも注意して進めていきましょう。

ボーナスを支給前に退職願を出すと、ボーナスが支給されなかったり、支給額を減額されたりするケースがあります。ボーナス支給後に退職意思を伝えられるよう、逆算して転職時期を決めておきましょう。

退職意思はできるだけ早めに伝える

退職を切り出すタイミングは、退職日の1~2か月前が理想的です。会社側に迷惑をかけないよう、なるべく早い段階で切り出しましょう。

在職中に転職活動をする人は、内定をもらったタイミングで切り出すのが良いでしょう。

退職までの具体的な流れ

次に、具体的な退職の流れを解説していきます。各ステップのポイントもまとめましたので参考にしてみてください。

ステップ1:退職意思を伝えて退職日を決定する

転職先から内定をもらったら、なるべく早いタイミングで自身の直属の上司に伝えましょう。退職希望日をあなたと企業側ですり合わせし、実際の退職日を決定していきます。

企業によっては就業規則の中に退職に関するルールを記載しているケースがあるので、退職意思を伝える前に確認しておきましょう。

また、退職意思を伝える際に引き止められることもありますので、なぜ転職するのか納得してもらえるよう退職理由は明確にしておきましょう。

STEP1のまとめ

  • 直属の上司に退職意思を伝え、退職日を決める
  • 就業規則の退職ルールに関する記載を確認する
  • 転職理由をはっきり伝えられるよう明確にしておく

ステップ2:退職願を提出して業務の引継ぎをする

退職日が決まったら退職願を提出し、業務の引継ぎを進めていきましょう。

業務資料をまとめた引継ぎノートを作っておくと、後任の人が仕事を進めやすくなるのでおすすめです。伝え漏れを防ぐよう、引継ぎノートは細かく記載しておきましょう。

引継ぎをしっかり行っておくと退職をスムーズに進められるので、なるべく早いうちに身の回りの整理をしておきましょう。

STEP2のまとめ

  • 退職願を提出する
  • 後任への引き継ぎをする
  • 引継ぎノートを作成しておくとなお良し

ステップ3:身の回りの整理をして最終出勤日を迎える

退職日が近づいてきたら、身の周りの整理もしっかり進めておきましょう。お世話になった上司や同僚に挨拶周りをしたり、顔を合わせる機会がなければメールや電話で挨拶しておきたいですね。

また、デスクや書類の整理は意外と時間がかかるので、できるところから進めておくと退職日直前にバタバタせずに済みます。社員証や制服などの備品の返却、年金手帳・雇用保険被保険者証を会社で預かっていないか、なども確認しておきましょう。

STEP3のまとめ

  • 社内挨拶は忘れずに
  • デスクや書類の整理をする
  • 備品の返却や書類受け渡しの確認

退職後にやるべきこと

退職後にやるべきことのうち、失業手当の申請と健康保険の切り替えの2つは忘れずに処理しましょう。

失業手当の申請をする

失業保険の給付を受けるには、ハローワークで申請が必要になります。申請する際は、必要書類や申請方法などを事前にハローワークの公式サイトで確認しておきましょう。

健康保険の切り替えを行う

在職中は社会保険に入っていますが、退職後にブランクが空いてしまう場合は国民健康保険に加入することになります。

申請期間は退職日の翌日から14日以内と決められており、加入していなければ医療費を全額自己負担することになってしまうので注意してください。

国民健康保険の加入方法や必要書類については、お住まいの自治体のホームページで必ず確認しておきましょう。

まとめ

今回は、退職をする時期やタイミングについて解説しました。転職活動をする前に自身がいつまでに退職するのかスケジュールを立てて、慎重に進めていくことが大切です。

転職後に後悔のないように、業務の引継ぎをしっかり行い円満退社を心掛けましょう。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG