転職における職務経歴書と履歴書のコツ【学歴の書き方は?】

転職活動において、履歴書や職務経歴書について不安を抱えていたり、疑問を持っている方はいませんか?特に初めての転職だと、いろいろな事が不明瞭だと思います。

この記事では、そんな方に向けて下記について詳しく紹介していきます。

  • 履歴書と職務経歴書の正しい書き方やコツ
  • 履歴書や職務経歴書を書く際に転職エージェントを利用した方が良い理由
  • 添削や転職サポートに特化したおすすめの転職エージェント

転職業界には、「履歴書と職務経歴書を制するものは転職を制す」という言葉があります。

なるべく丁寧に書き方やポイントを説明するので、ささいなミスで内定をこぼしたくないという方は要チェックですよ!

履歴書と職務経歴書の違いと役割

履歴書と職務経歴書の違いと役割

まずは履歴書と職務経歴書の違いを見てみましょう。

履歴書
「略歴」を1枚で伝えるための書類。氏名、連絡先、年齢、学歴、職歴に加え、基本的なプロフィールも記載。履歴書はある程度書く内容が決まっており、必須項目に加え、個別項目が設けられています。
職務経歴書
A4サイズ1~2枚ほどの書類。これまでの業務経験、入社後に仕事で活かせる知識・スキルなどを記載。職務経歴書には汎用的なひな形がありますが、履歴書ほど決められた形式がありません。

先ほどの説明にもあったように、職務経歴書はこれまでの実績と、自分のスキルや有用性を相手に伝えるための重要な書類です。転職成功のカギを握っているといってもよいほどです。しっかりと書き方をつかんでミスのないようにしましょう。

学歴の正しい書き方とポイント

学歴の正しい書き方とポイント

学歴を正しく書くためのポイントは下記の通りです。

  • 学校名、学部、学科名は省略しない
  • 原則として高等学校(入学)から記入する
  • 入学、卒業の年は和暦か西暦表記のどちらでもよいので統一して記入する

それぞれ、より詳しく解説していきます。

学歴欄の1行目は、中央に「学歴」と書きます。すぐに詳細を書かず、その次の行から実際の学歴を記していきます。

学歴の書き始めに決まりはないので、いつから書いても構いません。ただし義務教育ではない高校以降は、「どのような高校にいつ入学したか」「何年間で卒業したのか」がわかるようにしましょう。

2行に分けて、

△年△月 〇〇高等学校 入学
△年△月 〇〇高等学校 卒業

と、入学・卒業の年月と学校名を合わせて書きます。

注意してほしいのが、学校名です。つい略してしまいがちですが、正式名称で書き、さらに高校も「高等学校」と書くようにしてください。大学・短大・専門学校も同様に「入学」「卒業」のどちらも書き、それぞれ正式名称で学校名、学部や学科・専攻まで書きます。

もし学生の時に取り組んでいた研究テーマなどが応募先の仕事で活かせる場合は、より詳細に記入してもいいでしょう。大学院について書く場合は、「卒業」ではなく「修了」と書きます。

中退している場合は?

高校や大学で中退の経験がある場合は、「家庭の事情により中途退学」などと、分かりやすく書いておくのが吉です。

中退については、書くか書かないかで悩む方が多いです。もし学歴に空白期間があると、面接の場でその理由について言及されることもあります。あらかじめ、面接時に聞かれた場合の回答を考えておいてもよいでしょう。

中退を卒業と偽ることは学歴詐称になります。嘘や間違いのないよう、正しく書くことを心がけてください。

職歴の正しい書き方とポイント

職歴の正しい書き方とポイント

職歴の正しい書き方、ポイントは下記の通りです。

  • 短い期間の勤務であっても職歴はすべて正確に書く
  • 入社と退社の年は和暦、西暦表記のどちらでもよいので統一する
  • 社会人経験をベースに記入し、所属部署、雇用形態についても明記する

学歴と同様に、職歴欄も1行目に「職歴」と書き、その次の行から職歴を書いていきます。順番は時系列になるようにし、短期間しか勤務していない職場も含めて、すべて正確に書くようにしましょう。

社名に関して注意点とポイント

社名を記入する際の注意点は4つあります。

  • 「株式会社」を「(株)」と省略しない
  • 社名、所属部署も正式名称で明記する
  • 部署異動や昇格があった場合は記入する
  • 応募する職種に関連する職務内容があれば、簡単な仕事内容を加えてもよい(採用担当者の目に留まりやすくなるため)

社名が変わった場合や、正社員でない場合の書き方もチェックしておきましょう。

  • 企業の合併・買収などで社名が変わった場合は「△△株式会社(現□□株式会社)」と記入する
  • 正社員以外の勤務経験については「契約社員」などと雇用形態を明記する
  • 派遣社員の場合は「□□(派遣会社名)より○○(派遣先企業名)に派遣」など、派遣元と派遣先を明記する
アルバイトはどう書く?

アルバイトでの勤務については、社会人になってからの就業期間が長ければ記入するようにしましょう。

アルバイトでの職務内容と応募先企業での職務内容が近い場合は、プラスに働く可能性もあります。日払いバイトや短期間のアルバイトに関しては、記入する必要がありません。

空白期間はどうする?

「転職活動が他の人より長引いた」「事故や病気で療養中だった」などの理由で無職の期間がある場合は、あえて書かなくてよいです。面接などで聞かれた場合に、しっかり答えるようにしておけばよいでしょう。

ただし、「勉強のために留学をしていた」「家庭の都合で親の介護をしていた」など、応募企業に対してアピールになる、もしくはやむを得ない理由での空白期間は理由を明記しておくと親切です。記入する際は「□年○月 □□に1年間留学」のように記入しましょう。

退職理由は「一身上の理由により退社」と書くのが一般的で、具体的な理由は必要ありません。もし理由を記入する場合は、マイナスにならない範囲で書いてください。すでに退職日が決まっている場合などは「退職予定」と書きます。

職歴の最後には「現在に至る」と記入し、賞罰がない場合は「経歴はこれで終わりです」ということを伝えるために「以上」と右詰めで記入します。

転職エージェントを利用すると簡単に作成できる

転職エージェントを利用すると簡単に作成できる

ここまで、転職活動の際に必要となる履歴書や職務経歴書の「正しい書き方」「書き方のコツ」について紹介してきました。

しかし、中には「それでも合っているか怖い」「採用担当者に好印象を与えられるが不安」という方もいると思います。

そういった方は、転職のプロである転職エージェントに「正しい書き方」「採用担当者に好印象を与える文の書き方」を教わるのがおすすめ。転職エージェントで添削してもらえば、

  • プロのキャリアアドバイザーからアドバイスを貰える
  • 応募企業に合った効果的な面接練習を実施してくれることもある
  • 応募する企業に適した内容の下記を指示してくれる

こういったアドバイスが無料でもらえます。

まず、転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、企業の面接ポイントを熟知しており、さらに交渉術を身に付けています。

なにより、「企業の内部事情」「企業の風土に合う人の特徴」など、企業ごとの情報を持っているため、どのように表記するのが良いのか柔軟に判断してくれます

また添削だけでなく、面接練習を行ってくれる場合もあります。

お金がかかる?

もちろんこうしたサービスは、転職の意思がある人であれば無料で受けられるサービスです。

「転職で失敗したくない」「できるだけ早く内定を獲得したい」という方は、こうした転職エージェントのサービスを積極的に利用するとよいでしょう。

おすすめの転職サービス2選

おすすめの転職サービス2選

では、転職時の提出書類について添削してくれる優良転職エージェントを2社ほど紹介していきます。

doda

dodaエージェント
年齢層20~40歳以上
取扱業種総合型
掲載求人数95,562件
店舗全国12拠点(北海道、宮城、東京、横浜、静岡、愛知、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡)
運営会社パーソルキャリア株式会社

dodaはパーソルキャリアが運営する転職支援サービスで、リクルートには及ばないものの、求人数と転職支援実績ともに国内最大級の実績をもっています。リクルートと差別化するために、キャリアアドバイザーの質を常に向上させていたり、転職者の悩みに寄り添いスピード感をもって対応する姿勢を大切にしています

転職者(登録者)の経歴や価値観を深くヒアリングするところから始め、丁寧な求人紹介、応募書類の添削、面接対策などを、担当アドバイザーがフルサポートしてくれます。担当アドバイザーとはLINEでやりとりができ、困りごとや相談などを気軽に相談できる環境で、親身かつスピーディーなサービス対応を受けられます。

dodaでは20代の若年層であれば、アルバイト経験のみの人や短期で転職を繰り返している人などもサポート対象としています。なので他エージェントから「現在ご提案できる案件がないため、担当アドバイザーをつけることが難しい」と言われてしまった人でも、転職サポートを受けられる場合もあります。

一方で、リクルートと重複する求人も多く、新しいキャリア提案や気づきが得られにくいところがあります。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年齢層20~40歳以上 ※20~30代がメイン
取扱業種総合型
掲載求人数約10万件 ※非公開求人が8割
店舗全国10拠点
運営会社株式会社マイナビ

マイナビエージェントは転職エージェントの中でも後発組であり、本格的に転職サービスを開始したのは2012年頃です。ここ数年は広告に力を入れており、全国的に知名度があがり急成長を遂げています。メインターゲットは35歳までの若年層。若手向きの多種多様な求人を揃えつつも、大手が入り込めていないベンチャー企業や優良中小企業などの案件を積極的に開拓しており、求人のラインナップに独自性があります

ニッチだけれども競争力の高い商材を扱っている中小企業など、ユニークな企業を探したい人におすすめです。

一方で、従業員の平均年齢が若く、リクルートやdodaのように10年以上経験を持つ社員があまり多くありません。そのためマイナビでは、キャリアアドバイザーだけでなく、求人開拓を行う営業が、直接転職者に情報提供を行うスタイルを導入しています。

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 模擬面接の実施やアドバイス

他にも上記のような点もポイント。

非公開求人(どの転職サイトにも公開されていない求人)の多さにも定評がありますので、どれにすべきか迷ったらまず登録しておくとよいです。

まとめ

履歴書・職務経歴書の書き方に加え、履歴書・職務経歴書を添削してくれる優良転職エージェントを紹介しました。履歴書や職務経歴書は、応募する企業の採用担当者が一番最初に目を通す大事な書類です。

さらにこの2枚の書類から、採用担当者は経歴以外に下記のような情報を見ています。

  • あなたの性格や人間性
  • どういった部分に強み、弱みがあるか

つまり、企業側があなたを欲しいと思うかどうかの情報がたくさん詰まっているということです。効率よく内定を獲得したいのであれば、履歴書・職務経歴書にはじっくり時間をかけるべきです。

そして「応募先の企業がどのような人材を求めているか」を知っているのは転職エージェントです。内定獲得率を上げたいという方は、記事で紹介した転職エージェントを利用してみてくださいね。

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG