転職を成功させる3つのコツ【失敗や後悔を防ぐには】

転職を成功させる3つのコツ【失敗や後悔を防ぐには】

転職に失敗しないか不安を抱えていたり、転職前に何を押さえておけばいいのか気になっている方はいませんか?

いわずもがな、転職は人生の大きな転機。良い転機になれば良いのですが、失敗してしまうと大きく人生を狂わすことにもなりかねないのが転職の怖いところです。

せっかく現状を改善しようと思って転職をしたのに、さらに悪化させてしまって後悔するのだけは嫌ですよね。でも初めて転職する人は、どんなことに気をつけて転職活動をすれば良いかわからない人も多いでしょう。

そこでこの記事では、絶対に転職に失敗したくない人向けに、人材業界で10年間勤務していて自らも2回の転職をしている筆者が、転職で失敗しないためのポイントを解説していきます。

具体的には、

  • そもそも転職における失敗とは?
  • よくある転職の失敗パターン
  • 転職に失敗しないために押さえておくべき3つのポイント
  • 失敗しない転職のための進め方

といった内容をわかりやすくまとめています。

5分ほどで読めて、転職の成功率が劇的に上がる記事になっているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

転職の失敗とは?

そもそも転職における失敗とは、どのようなことを指すのでしょうか?失敗しないためには、どのような状態が失敗にあたるかをまずは押さえておきましょう。

自分の希望を叶えられない転職

あなたが転職をしようと思い至った理由は、必ずありますよね。転職をするにあたり重要な、現職の退職理由とも言えます。その退職理由を改善できなかった、つまり自分の希望を叶えられなかった転職は失敗です。

例えば退職理由が、「残業が多すぎてもっと自分のプライベートの時間が欲しい」というワークライフバランス面が理由だったとします。しかし求人を見ていくうちに、高収入の仕事に魅力を感じてしまって、最終的に年収が100万円アップした会社に転職したとしましょう。

この場合、残業が前職と変わらないか、むしろ多くなる可能性が考えられます。「自分の時間が欲しい」という希望を叶えるために転職したのに、残業が多くなってしまったら、いくら年収が高くなったとしても転職が成功したとは言えないのです。

給料ダウンが失敗とはいえない

裏を返すと給料がダウンしたとしても、結果的に当初の希望が叶えられていればその転職は成功です。

転職先の給与明細を見て「失敗だったかもしれない」と思うかも知れませんが、もしそれで後悔しているなら、転職前の「転職理由の深堀り」ができていなかった可能性があります。

はじめに自分の希望を明確にして、その希望が叶ったのであれば、たとえ給料がダウンしていたとしてもその転職は成功なのです。

逃げの転職

逃げの転職とは、「自分が改善する努力をせずに、ただ嫌なことから逃げたいだけ」の転職です。この転職は、失敗する確率が非常に高いです。

こういった理由で転職をした場合、転職先の会社でも同じような壁にぶつかって、また退職し転職する可能性が高いです。これを繰り返すと、履歴書が「荒れる」、つまり短い期間の職歴が多くなり、転職活動がどんどん不利になっていきます。

そればかりか、しっかりとした実績やスキルが身につかないので、市場価値の低い人材になってしまいます。最終的に年収の低い仕事に就かざるを得なくなったり、就職すらできなくなってしまったりしたら、悲惨ですよね。

後悔する転職

当たり前ですが転職してから後悔するのであれば、それは失敗です。

少し抽象的な話になりますが、転職してから「転職しなければよかった」「あっちの会社のほうが良かった」などと後悔の念が生まれてきてしまったら、成功とは言えません

後悔する理由は、人によって違います。転職によって年収が上がったとしても、仕事にやりがいを持てたとしても、「後悔」を感じるのであればそれは失敗になるのです。

よくある転職の失敗パターン3例

この項目では、よくある転職の失敗パターンを3つ紹介します。典型的な例を知っておけば、同じ失敗をする確率がグンと下がるので、しっかり把握しておいてくださいね。

「入社してみたらイメージと違った」

転職先に入社してみたら事前にイメージしていたものと違った、という失敗は最もよくある話かもしれません。

  • 求人情報や面接の雰囲気から「風通しの良い社風」というイメージを持っていたのに、入社してみたらコミュニケーションがまったくない堅い社風だった
  • やりがいのある仕事だと思って入社したのに、ただ言われたことをやるだけの業務でやりがいを感じない
  • 事前に聞いていた条件と、実際の条件とが食い違っている

応募者は実際にその会社で働いていないため、得られる情報に限りがあります。この入社前と後のギャップは、その情報不足が原因で起こる失敗です。どの会社でもそうですが、求人情報や企業サイトなどでは自社が少しでもよく見えるような工夫をしています

悪意のある会社はわざと求人の条件をわかりづらくしたり、虚偽の条件を載せたり、不利になるような内容を書かなかったりするところもあるので注意が必要です。

「短期間で転職を繰り返していたら就職できなくなった」

先ほど説明した「逃げの転職」を繰り返して、それぞれの職歴が短くなり就職がしづらくなるケースもよくある失敗です。

例えば営業職で売上目標が達成できなかったり、契約が取れなかったりして「自分は営業に向いてない」と接客職に転職したとします。そして転職先の接客職でお客様にクレームをもらってしまったり、来客が多くて休憩が思うように取れなかったり、困難にぶつかってまた短期間で辞めてしまうとどうなるでしょうか。

短期間で転職を繰り返していくと、書類選考や面接で企業からの印象が悪くなります

  • 「この人は入社してもすぐやめてしまうだろう」
  • 「何か困難にぶつかったらすぐに諦める人材」

という評価になり、転職や就職がどんどんしづらくなっていくのです。

「転職先が決まる前に退職して空白期間ができた」

転職先が決まる前に退職してしまうのは、失敗を招きやすい事例です。転職活動はスムーズにいったとしても、1ヶ月はかかります

退職してから転職活動を始めた場合、この1ヶ月はもちろん無給なので、貯金を切り崩して生活するしかありません。1ヶ月で転職活動が終われば良いですが、多くの場合は2ヶ月から6ヶ月は必要です。リクナビNEXTの調査でも、内定が出るまでの期間が「2ヶ月以上」かかった人の割合は「63%」だったことがわかっています。

(参考:リクナビNEXT「転職にはいくらかかる?必要な費用とスケジュール」)

この間の家賃や携帯代などの生活費、面接に行く際の交通費などが次第に貯金で賄えなくなり「働きながら転職活動をすればよかった」と後悔するのは、よくある失敗パターンです。

お金がなくなると、とにかく就職することが第一優先になり、条件をかなり落として求人を探し始めてしまいます。焦りが判断力を無くし、理想の仕事に就けず失敗に繋がるのです。

空白期間が長引くと面接で不利になる!?

転職先が決まる前に退職すると、次の職がなかなか決まらなかった場合、職歴に空白期間ができます。

この空白期間は長ければ長いほど、面接や書類選考では不利になります。転職先が決まりにくくなり、後悔してしまうので注意しましょう。

関連記事

転職はあなたを取り巻く環境や将来も大きく変えてしまうもの。慎重かつ良いタイミングで転職にチャレンジしたいところです。今回は、転職にベストなタイミングと、他の人がどんなタイミングで転職をしているか実体験もふまえて解説していきます。[…]

転職にベストなタイミングはいつ?年代別の考え方とよくある悩み

転職に失敗しないために押さえておくべき3つのポイント

転職に失敗しないためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか?

この項目では、失敗しないために押さえておくべきポイントを3つに厳選して解説していきます。特に初めて転職する人は必ず押さえておきましょう。

ポイント1 転職理由を深堀りする

転職理由を深堀りすることは、転職に失敗しないために最も重要な工程です。転職理由の深堀りは、転職先を選ぶ際の基準となりますし、活動中の軸になります。

冒頭に「転職における失敗とは、自分の希望を叶えられないこと」とお話しましたが、この「自分の希望」を知るためには「退職理由≒転職理由」の深堀りが不可欠なのです。

  • 自分はなぜ今の会社を辞めたいのか
  • 自分はなぜ転職しようと思っているのか

この問いに対し「なぜ?なぜ?」を繰り返していくと自己分析に繋がり、仕事に対して「自分の本当の希望条件」が見えてきます。

そして自分の本当の希望条件がわかったら、それを軸に「希望条件」を叶えられる求人を探していけば良いのです。

関連記事

転職活動というと、求人選定や面接対策ばかりに力をいれてしまいがちになりますが、それ以前に大切なのが自己分析です。活動を本格化させるその前に、自分の職歴やスキルについて棚卸しする作業は必ず行いましょう。この過程を省略すると転職先を直感で選[…]

自己分析の方法って?転職前の考え方やフレームワーク

ポイント2 企業や求人の情報収集を徹底して行う

転生に失敗しないためのポイント2つめは、求人や業界の情報収集を徹底して行うことです。

理由は2つあります。

1つは、多くの情報を得ることで、たくさんの選択肢から自分の希望条件に合った会社を見つけられるから。そのため幅広い情報収集が、転職を成功させるためにとても大切になってきます。

もう1つは、入社後のギャップを少なくするためです。転職サイトでの求人情報や企業情報は、基本的に脚色されています。

たとえば、好意を寄せている異性に自分を好きになってもらうために、少し誇張して話をしたり、女性であれば最大限の化粧やおしゃれをしたりしますよね。

それと同じように、企業は優秀な人材に入社してもらうために、少し盛って自社をアピールしているわけです。逆にあまりアピールにならないマイナス面は、外からはなるべくわからないようにしています。

そのため、表面的な求人情報で「この会社は自分に合っていそうだ」と思っても、実際に入ってからギャップを感じてしまうのです。

転職を成功させるためには、事前に「企業や求人のリアルな情報」を、「どれだけ幅広く収集できるか」が、とても大事なポイントになるわけです。

ポイント3 自分のキャリアの棚卸しをして強みを知る

自分の希望を明確にし、その希望を叶えられる求人が見つかったら、今度はその会社に採用してもらわなければいけません。

転職を失敗しないためのポイント3つめは、企業に採用をもらうための準備として「自身のキャリアの棚卸しをして強みを知る」ことです。

面接や選考書類などで自分をアピールする場面は必ずあるでしょう。そのときに自分の強みや実績をしっかりと伝えられないと、あなたの魅力が伝わらず、面接官に採用したいと思ってもらえない可能性が高いです。

  • 自分が仕事で上げてきた実績
  • 自分が努力してきたことや乗り越えてきたもの
  • 自分の持っているスキルや資格

これらをしっかり振り返れば、自分の強みを改めて認識できるのです。事前に自分の強みを認識しておけば、面接や履歴書・職務経歴書で自己アピールに困ることはないです。

せっかく働きたい会社を見つけたのに、面接や書類選考で落とされてしまえば元も子もありません。キャリアの棚卸しをしっかりして、自分の強みを把握しましょう。

失敗しない転職のための進め方4ステップ

この章では転職で失敗しないための具体的な進め方をご紹介していきます。

STEP1 まずは自分が転職したい理由を深堀りする

なによりも先に、「転職理由」「退職理由」を徹底的に深堀りすることが大事です。自己分析につながりますし、自分が仕事に対して本当に求めているのは何か、明確にできます。

おすすめはノートなどに書いて深堀りしていく方法です。この方法は頭で考えるだけでなく、書いて可視化することで思考が迷子になるのを防げます。

そして自分の希望条件、つまり転職の軸が見えたら、それも書いて壁などに貼っておくのが良いでしょう。はじめは自分の希望が明確に見えていたとしても、膨大な求人情報をみるうちに目移りしてしまい、軸がブレてしまうのはよくあること。

転職活動中に軸がブレてしまい、最終的に後悔しないためにも、徹底した転職理由の深堀りをしてください。

STEP2 転職サイト・エージェントに“複数”登録する

次に転職サイト転職エージェントに登録して実際の求人を見ていくのですが、その際にもポイントがあります。

それは1つのサイトやエージェントに絞らずに、複数登録すること。転職サイトやエージェントは、得意不得意がありそれぞれ扱っている求人が違う場合がよくあります。

多くの求人情報を得るためには、複数のサービスに登録しておくのが成功への道です。転職サイト、エージェントそれぞれ最低でも2~3つの登録がおすすめです。

エージェントならより詳しい情報が入手できる

転職サイトは「掲載されている求人を自分で選んで応募する」のに対し、転職エージェントは「転職者の希望に応じてその人にマッチした求人を紹介してくれるサービス」です。

エージェントは求人企業に行って会社の雰囲気を見たり、人事担当者などとコミュニケーションをとったりしているため、転職サイトでの表面的な情報よりも、リアルな情報が手に入るのです。

さらには「自己分析の支援」や、「選考書類の添削」「日程調整」「面接対策」「年収などの条件交渉」も代行してくれるため、使わないと損するレベルのサービスといえるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内の転職エージェントを代表する存在です。リクルートが業界を独走できるのは、高い営業力を武器として法人企業を徹底的に開拓しているから。超と名のつく大手企業から地方の中小企業まで担当者が足を運び、採用ニーズを徹底的に拾い上げています。

それゆえリクルートエージェントのみが扱っている求人(独占案件)を豊富にもち、それを目当てとする転職希望者の登録も増えて年間の転職支援者数が全国NO.1という実績に繋がっています。

山ほどある求人の中から、その人にあった求人を選定してくれるのが、リクルートのキャリアアドバイザー。そのマッチング力には昔から定評があります。経験・スキルにあった求人はもちろん、希望に沿う求人にプラスして、こんな選択肢もありますよといった、新しいキャリアの提案が豊富なことで有名です

社内にはITや電気・化学・製造分野など、理系の業界に詳しいアドバイザーも数多く在籍し、地方拠点に在籍するアドバイザー数も他エージェントの倍以上。その規模感から、最も頼れるエージェントのひとつといってよいでしょう。

一方で、1000名以上在籍するキャリアアドバイザーの中には様々なタイプが存在します。一人あたりの担当人数も多いので、丁寧さ・親身さといったサービス品質に若干のばらつきがあるといわれている点は要注意です。

doda

dodaはパーソルキャリアが運営する転職支援サービスで、リクルートには及ばないものの、求人数と転職支援実績ともに国内最大級の実績をもっています。リクルートと差別化するために、キャリアアドバイザーの質を常に向上させていたり、転職者の悩みに寄り添いスピード感をもって対応する姿勢を大切にしています

転職者(登録者)の経歴や価値観を深くヒアリングするところから始め、丁寧な求人紹介、応募書類の添削、面接対策などを、担当アドバイザーがフルサポートしてくれます。担当アドバイザーとはLINEでやりとりができ、困りごとや相談などを気軽に相談できる環境で、親身かつスピーディーなサービス対応を受けられます。

dodaでは20代の若年層であれば、アルバイト経験のみの人や短期で転職を繰り返している人などもサポート対象としています。なので他エージェントから「現在ご提案できる案件がないため、担当アドバイザーをつけることが難しい」と言われてしまった人でも、転職サポートを受けられる場合もあります。

一方で、リクルートと重複する求人も多く、新しいキャリア提案や気づきが得られにくいところがあります。

マイナビエージェント

マイナビは転職エージェントの中でも後発組であり、本格的に転職サービスを開始したのは2012年頃です。ここ数年は広告に力を入れており、全国的に知名度があがり急成長を遂げています。メインターゲットは35歳までの若年層。若手向きの多種多様な求人を揃えつつも、大手が入り込めていないベンチャー企業や優良中小企業などの案件を積極的に開拓しており、求人のラインナップに独自性があります

ニッチだけれども競争力の高い商材を扱っている中小企業など、ユニークな企業を探したい人におすすめです。

一方で、従業員の平均年齢が若く、リクルートやdodaのように10年以上経験を持つ社員があまり多くありません。そのためマイナビでは、キャリアアドバイザーだけでなく、求人開拓を行う営業が、直接転職者に情報提供を行うスタイルを導入しています。

キャリアアドバイザーだけでなく、直接企業に出入りしている担当者から企業研究や面接対策に必要な情報を届けることで、情報の深さや細かさで差別化をはかっているといえます。色々な人が登場してきて面倒である、ということでなければ是非マイナビも併用してみましょう。

STEP3 口コミなどリアルな情報を得る

リアルな情報を得るためには、口コミサイトの利用は欠かせません。

転職サイトの求人では、表面的な情報が多いです。転職エージェントからかなり正確な情報が手に入りますが、「入社が決まった段階で報酬が発生する」ビジネスのため、紹介を決めるために聞こえの良い言い方をする可能性はあります。

より正確な情報を得るには、実際働いていた人が投稿している口コミサイトをみて、どんなことが書かれているかを必ずチェックしておくのが賢明です。

STEP4 採用をもらうための対策をする

最後は採用をもらうための対策をしっかりしましょう。具体的にはキャリアの棚卸しをして自分の強みを把握したり、実際の面接対策選考書類の書き方などです。

これらの対策として最も効率的で、かつ効果的なのは転職エージェントの利用です。転職エージェントは、前述したように「紹介した人材が入社して初めて報酬が発生」します。

そのため、紹介者を合格させるための手厚いフォローがたくさん用意されています。プロの視点から、キャリアの棚卸しや強みの把握、面接対策、選考書類の添削をすべて支援してもらえるのです。

また応募した企業の好みの熟知しているため、それに合わせた対策ができるのは、自分ひとりでの転職活動ではかなり難しいです。

最終的に転職エージェントで仕事を決めなくてもOKなので、転職を成功させるための1つのツールとしてエージェントは必ず利用しましょう。

関連記事

面接は転職において、最も重要な場面。面接でのあなたの印象によって、企業側が出す結果が大きく左右されます。だからこそ、面接で失敗しないために事前にしっかり対策しておきたいですよね。そこで今回は知っておくべきことをまとめました。具体的に[…]

転職面接のポイントを完全解説!【失敗を防ぐ注意点】
関連記事

転職活動において、履歴書や職務経歴書について不安を抱えていたり、疑問を持っている方はいませんか?特に初めての転職だと、いろいろな事が不明瞭だと思います。この記事では、そんな方に向けて下記について詳しく紹介していきます。 履[…]

転職における職務経歴書と履歴書のコツ【学歴の書き方は?】

まとめ

ここまで転職で失敗しないためのポイントや、後悔しないために押さえておくべきことを解説してきました。

最後にまとめておきましょう。

  • そもそも転職における失敗とは、「自分の希望を叶えられない」こと
  • よくある転職の失敗パターンである「入社後のギャップ」をなくすために徹底した情報収集が重要
  • 空白期間ができて転職に不利になったり、金銭的に困ったりしないように、転職先が決まるまで仕事はやめない
  • 転職に失敗しないためには、「退職理由」「転職理由」の徹底した深堀りが最重要
  • 転職成功の秘訣は「リアルな情報」を「幅広く得る」こと
  • 転職エージェントは情報収集や面接対策など多くのメリットがあり、転職の成功率が飛躍的に上がる

人生を大きく左右するかもしれない転職。後悔は絶対したくないですよね。この記事に書いてあることを実践していけば、転職の成功率は劇的に上がるはずです。

あなたの転職が成功するよう、心から応援しています!

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG