転職で希望年収を聞かれたら?【NG発言・模範解答・履歴書の書き方】

転職活動において、年収アップを目標にしている方もいるでしょう。そうでなくても、エージェントから年収について聞かれたり、面接で希望年収を聞かれる可能性があります。この記事では、これから転職する方へ向け、下記について詳しく解説していきます。

  • 面接官が希望年収を聞く本当の理由
  • 希望年収を聞かれたときにやってはいけないNG解答
  • 内定につなげることのできる模範解答

希望年収が有る無しに関わらず、面接において重要なポイントのひとつになるのでしっかりチェックしましょう。

面接官が希望年収を聞く理由

面接官が希望年収を聞く理由

そもそも希望年収を面接で聞く理由は何でしょうか。面接官が求職者に対して希望年収を聞く理由は、ずばり下記の通りです。

  • 採用経費に合わせるため
  • 自分が客観視できているかどうかの確認

それぞれ詳しく解説していきます。

採用経費に合わせるため

採用担当者が求職者に希望年収を聞く一番の理由は、採用経費とマッチしているかどうかを確認するためです。企業の採用にかける費用はあからじめ決まっており、これを採用経費といいます。

たとえば第二新卒を採用するのであれば年収350万円、幹部クラスの採用であれば年収500万円と、企業はおおよその金額を決めたうえで採用活動をしています。希望年収を聞いて、あらかじめ決めておいた金額内におさまるかどうかを判断しているというわけです。

仮に会社が決めた予算以上の年収を希望してしまった場合は、合格を見送られる可能性があると覚えておきましょう。

採用経費はどうやって知るの?

採用経費は求職者側が知る機会はありません。なので自分の希望年収が超えてしまっているかどうかは、ほぼほぼ分かりません。そのため、後で説明する「年収相場」を理解しておく必要があります。

自分が客観視できているかどうかの確認

採用担当者が求職者に希望年収を聞く理由のふたつめは、求職者が自分を客観視できているかどうかの確認です。求職者の中には自分を過大評価し、身の丈に合っていない年収を希望する方がたまにいます。

そういった方を採用してしまうと、以下のような事態になってしまうかもしれません。

  • 入社後、年収面で食い違いが生じてトラブルになる
  • 実績と給与が見合わない

極端な話、前職で実績があったとしても、業界や会社などが変われば未経験と同じです。これまでの実績を踏まえて自分から年収を提案するのは悪いことではありませんが、客観的な視点を忘れないようにしましょう。

マイナスな印象を与える希望年収の答え方

マイナスな印象を与える希望年収の答え方

相手にマイナスな印象を与えてしまう希望年収の答え方は下記の通り。

  • 年収相場を理解していない
  • 前職を基準として答える
  • 私情を持ち込む

なぜ上記のような答え方がいけないのでしょうか。例文と一緒に解説していきます。

年収相場を理解していない

マイナス印象を与える希望年収の答え方で最も多いのが、年収相場を理解していない解答です。下記がその例になります。

【解答例(NG)】

前職は忙しい部署に所属しており、部下を持つ身でありながら年収が280万円でした。正直なところ、仕事量に対して少ないと感じることが多かったです。

もし御社で採用していただけるようでしたら、前職以上に時間をかけ実績をあげますので、可能でしたら年収は400万円を希望いたします。

上記のような解答はNGです。前職の実績や仕事に対するやる気をアピールするのは良いですが、今面接を受けている職種の相場をもとに自分が希望する年収を提案する必要があります。

年収相場というのは、「営業なら年収350万円」「事務なら年収300万円」というような大体の相場です。年収の相場は、ネットで調べたり、転職エージェントに相談すれば分かります。

会社の基準をよく知る転職エージェントに相談すれば、より詳しい年収相場を教えてもらえます。

前職を基準として答える

基本的に、前職を基準として希望年収を伝えるのはよくありません。先ほども少し触れましたが、業界・業種・会社によって年収の基準が変わるからです。

まずはNG解答例を見てみましょう。

【解答例(NG)】

前職の年収が450万円だったため、御社でも同様、可能でしたらそれ以上となる年収を希望いたします。

上記のような解答例はNGです。前職の年収を基準に考える方は多いですが、会社によって仕事内容・給与の基準が違います。

給与は基本的に「固定給ベース」「インセンティブベース」に分かれ、営業はインセンティブベース、事務職は固定給ベースになる場合が多いです。

このように、「仕事内容」「給与の基準」が会社ごとに変わる中で、「前職と同等くらいはもらえるんでしょ?」というような解答をしてしまうと、マイナス印象を与えてしまいます。

まずは採用担当者の目線に立ち、前職の年収は一旦忘れましょう。応募先の価値観に合わせ、自分を客観的に評価してみてください。そうすると自分が希望するべき年収の金額が見えてくるはずです。

私情を持ち込む

自分から年収を希望する際、私情を持ち込むのもNGです。面接の流れの中で希望年収を聞かれると、思わず私情をはさんでしまうケースがあります。

特に、フラットな雰囲気で進む面接の場合だとよくやってしまうもの。ではどのような解答がNGなのでしょうか。下記の例をご覧ください

【解答例(NG)】

前職では380万円の年収をいただいていました。

しかし、今年の4月から下の子供が小学校へ、上の子供が中学校に入学するため、多くのお金が必要になります。

もし可能でしたら年収は430万円を希望いたします。

上記の解答のように、私情をはさむのはNGです。子供の学費の他にも、「母の介護費用」といったものも私情に含まれます。

希望年収は面接の後半に聞かれることが多いこともあり、つい盛り上がった勢いで私情をはさんでしまいがちです。少々の私情であれば、面接官もそれほど悪いリアクションはしないでしょう。

しかし当然ながら、会社から支給される給与は仕事の対価として受け取るもの。「個人の私情を考慮して年収を決める企業はない」という認識を持っておくことが大切です。

私情はあくまで裏事情として胸の中に秘めておきましょう。

希望年収をうまく答えるには?

希望年収をうまく答えるには?

希望年収をうまく答えるためには、下記について知っておく必要があります。

  • 希望年収の模範解答
  • 希望年収を切り出すタイミング

これに加え、「履歴書で希望年収を解答する場合」を紹介していきます。答えをあらかじめ用意しておけば、面接で失敗する確立を減らせます。

希望年収の模範解答

希望年収の模範解答は下記の通りです。

【模範解答の例1】

希望の年収につきましては、御社規定に従うつもりでございます。

【模範解答の例2】

前職の年収は350万で、基本的には御社の規定に従うつもりです。ただ前職年収と同等以上を希望させていただけますと幸いです。

具体的に言うなら、〇%アップなど数字を出して伝えましょう。どのような場合においても「御社の規定に従うつもりです」と解答の中に入れるのをおすすめします。「規定に従う」と一言入れておく理由は下記の通り。

  • 謙虚な姿勢を示すことができる
  • 希望年収を多く言ってしまった場合でも見送られることがない

相手の立場に立った一言が有るか無いかで、相手に与える印象は大きく変わります。その点、「規定に従う」という一文は入れておいて間違いないです。

希望年収より低い提示を出された場合は?

希望年収について解答した後、もしくは希望年収を解答する前に「希望年収より低い金額を提示されるケース」があります。その際はリアクションに注意してください。

お金に関するやり取りはセンシティブな内容であるため、面接官も求職者のリアクションをしっかり確認しています。ここで「不満げな態度」「がっかりした様子」を見せてしまってはマイナス印象を与えてしまいます。

また、基本的に向こうが提示した年収を否定できません。なぜなら、先ほど説明した通りで、会社はあからじめ採用に使用できる経費が決まっているからです。

もっと言えば、採用経費は会社の必要経費から決められたギリギリの金額の場合がほとんどですから、採用担当者の一存では変更できません。

つまり、内定を一番に考えるのであれば、言いたいことをグッとこらえ「はい」と言うしかありません。どうしても希望年収との折り合いがつかない場合は、内定がでた後に断ればいいのです。

切り出すタイミングを間違えないようにする

次に覚えておきたいのは「希望年収を切り出すタイミング」です。基本的に年収に関する交渉は一次面接で行われますが、人によって切り出すタイミングは違います。

そのため、結論は「タイミングさえ間違えなければいつでもOK」です。NGとなるタイミングは下記を参考にしてみてください。

  • 仕事内容や部署についての説明を終えていないタイミング
  • 面接官と十分なコミュニケーションをとれていないと感じるとき

上記のタイミングで切り出すのはNGです。あまり早い段階で年収の話をしてしまうと「この人はお金ばかりで仕事に対する熱意がないのではないか?」と疑問に思われてしまう可能性があります。

最も無難なタイミングは、面接の終盤に面接官が「何か質問はありますか?」と質問したときです。仕事内容に関することを聞いた後、さりげなく希望年収の話を切り出すと自然になります。

こちらも例文と一緒に解説します。

面接の流れで自然に年収を聞きたい場合

具体的な会話の流れは下記の通りです。

「仕事内容について詳しいご解答ありがとうございました。前職での経験を活かし最大限お力添えができればと思います。あと、恐れ入りますが給与形態についてもご確認させていただきたいです。どの程度の努力で、どのような成果を上げると、どれくらいの報酬を得られる規定になっているのでしょうか?」

まず前置きとして「お金のことばかりを考えているわけではない」という意思表示をします。仕事の内容を聞いたうえで、例文のように「どのような給与形態なのでしょうか?」と聞くようにしてみてください

また前職や、業界の相場を上回る額の年収を希望する場合、下記について自分の中でまとめたうえで切り出すとよいです。

  • 前職でノウハウをどのように活かすかを具体的に伝える
  • 自分の市場価値が年収に釣り合うことを想定したうえで解答を用意しておく

最低でも上記の2点は抑えておきましょう。

履歴書で希望年収を切り出す場合

履歴書の場合も、基本的には面接のときと変わりません。「貴社の規定に従う」という趣旨のことを書いておきましょう。例文は下記の通りです。

「貴社の規定に従います」

「応相談で考えております」

履歴書で気を付けたいポイントについては、下記を参考にしてみてください。

  • 書く場所を間違えない
  • 面接につなげるためにも具体的な金額は伏せる
  • 貴社を御社に、規定を規程と書か間違えないようにする

希望年収を書く場所に該当するのは「本人希望欄」ですが、この欄は「ここで書かれた条件が受け入れられないようであれば、入社することができません」という程の条件を書く場所です。したがって、年収が何においても優先である場合を除き、必ず書く必要はありません

ただし、Webエントリーで「希望年収」の回答欄が一覧に並んでいる場合は金額を書いてもOKです。ただこちらも絶対に面接につなげたいのならば、書かない方が無難でしょう。

まとめ|双方が納得できる解答を事前に準備しよう

この記事では、「面接官が希望年収を聞く理由」「希望年収のNG解答例」「希望年収を上手く伝える方法」などについて解説してきました。仕事内容や職場環境も大切ですが、やはりお金は日々の生活に関わる大切な項目です。

少し話題にしにくいかもしれませんが、会社で気持ちよく過ごしていくためにも、お互い納得できる状態にしておくことが大切です。話をスムーズに進めるために、あからじめ「自分と相手が納得できる解答」を用意しておきましょう。「年収の相場」「会社ごとの適正年収」について知りたい方は転職エージェントに相談するといいですよ

転職で理想の自分に近づこう
転職で理想の自分に近づこう

「年収を上げたい」「自分の可能性に挑戦したい」転職の理由は人それぞれです。どんな理由であれ、転職をする場合は自己分析など事前の準備をしっかりして、対策を練ったうえで挑みましょう!

おすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント

おすすめ度: ★★★★★

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。いろいろな選択肢の中から自分に合った仕事を見つけてもらえるので、登録しておいて損はありません。

おすすめの転職サイト
リクナビNEXT
リクナビNEXT

おすすめ度: ★★★★★

リクナビNEXTは求人数が豊富な転職サイト。リクルートエージェントと併用すればより効率的に転職活動を進められます。

>目標への一歩を踏み出そう

目標への一歩を踏み出そう

転職は難しくない!あなたの目標をかなえるための転職を、いまから始めてみませんか?

CTR IMG